スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビニールハウスでは、通年の使用をお勧めします

NRS20110

農業ご関係者様で、害虫にご苦労されていらっしゃる方に、電撃殺虫器をご提案します。

ビニールハウスで、精魂かけて作った野菜や果物が害虫(幼虫)によって虫食い状態になると、出荷がむずかしくなると伺います。

電撃殺虫器は、走光性のある虫(成虫)を、青白いランプでおびき寄せて、高電圧で感電させる器具のため、幼虫に対してまったく効果はありませんが、成虫のうちに退治することで、幼虫の数を減らす効果があるといえます。

冬の時期でも、ビニールハウス内は、外よりも温度が高いことから、飛翔害虫が入り込む可能性がありまた、ハウス内の害虫も暖かいので、幼虫越冬することなく成虫になるものも存在すると思われます。

通常、電撃殺虫器は春から秋にかけて使用するものですが、ビニールハウス内は、虫達にとって常夏のスパリゾートハワイアンズ状態でしょうから通年のご使用をお勧めします。

ただし、電撃殺虫器があれば100%害虫がいなくなる訳ではありませんので、その他の方法とのあわせ技となりますが・・・





スポンサーサイト

足温器





ヘルスヒータ
三興電機では、電撃殺虫器のほかに足温器を製造・販売しています。
足温器とは、その名のとおり足元をあたためる器具です。

FM-200は、事務所や店舗などでのご使用を想定しております。
たとえば、この時期エアコンで暖房が効いていても、足元が冷たかったりしますが、足元にFM-200があれば、足元ポカポカで仕事が捗ります。(あまりにポカポカで眠くなるかもしれませんが・・・)

消費電力は約200Wですが、内部にサーモスタットが組み込まれており、表面の温度が70℃位まで上がると、電源を切り50℃程度になるとまた、電源が入るようになっているので、平均の消費電力は約100Wとなります。
気になる電気料金は、1時間あたり約2円といったところでしょうか。

HS-420は、多少の水がかかるような場所でも安全な、防水タイプです。
水産加工や厨房で調理をされる方に使用していただきたい器具です。
アルミダイカスト製なので、ヘビーデューティ?な使用にも耐えられるようになっています。

こちらも、消費電力は約420Wですが、平均すると約220Wとなります。
表面温度は50~70℃で、電気料金は1時間あたり約5円となります。

FS20210

軒下用電撃殺虫器
これは、コンビニエンスストアさんでよく見かける、屋外軒下用の電撃殺虫器です。
青白い色の蛍光ランプで、走光性のある虫を引き寄せ、内部に入り電撃格子に触れると
4kVまたは7kVの高電圧で感電させるしくみです。

はじめまして

始めまして・・・
私たちは、電撃殺虫器を製造・販売している三興電機です。

「サンコウデンキ」を検索すると、日本中にはたくさんの「サンコウデンキ」さんがありますが、
三興電機は、千葉県市川市で電撃殺虫器を造り続けて44年目の会社です。

このブログは、三興電機が製造している電撃殺虫器を、世の中の人に少しでも知っていただきたいと
思い開設しましたので、よろしくお願いします。


プロフィール

いんせくとや

Author:いんせくとや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
飛ばすな80くん格言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。