スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕虫シート(テープ)の交換

シート交換2
捕虫シートの糊は合成ゴム系粘着剤で、周囲の温度や湿度によって、その特性が変化するため、ちょっとした注意が必要です。

温湿度が高い時期は、糊の粘度がゆるくなり、設置したシートから糊が垂れてしまうことがあります。
また、温度が低い時期は、粘度が硬くなって、シートを引き出す時に力を入れ過ぎるとシートが途中で切れてしまいますので、気をつけてください。(標準価格が1個300円です)

この、捕虫シート(テープ)の交換は、シートに虫がたくさん張り付いたら交換してください。



でも、捕虫シートをいつも見て管理している訳でもありませんし・・・
春先から秋の飛翔害虫が多い季節では、2~3週間ごとに、それ以外の時期は、1~2ヶ月ごとの交換をお勧めします。

捕虫シート(テープ)の処理については、樹脂部はポリプロピレン、シート部はクラフト紙でいずれも焼却で有害物質を出さないものですので、燃えるゴミとしての処分で問題ありません。

インセクトキャッチ(捕虫器)の虫受皿は、捕虫シートに付いた虫が見えないように深くなっていますが、その他に、捕虫シートの糊が垂れるのを受ける役目も担っています。

糊だけではなく、虫を伴って垂れるので、この虫受皿は清掃をしないとすごく汚いものになります。
汚れたら、洗剤とタワシ状のものでゴシゴシと洗ってください。

2パターンの捕虫器の違い

捕虫シート
三興電機の捕虫器には、捕虫ランプを隠しているものと丸見えの、2つのパターンがあります。
隠していてもランプ横にスリットがあり、ここから近紫外線が漏れるので走行性のある虫を捕えることが可能です。

でも、ランプ丸見えに比べて、虫の捕れ具合が気になりますよね。
実験結果は・・・上が隠している捕虫器、下が丸見えの捕虫器でのもので、丸見えを100%とすると、隠している方は30%位となります。

この2つパターンは、用途によって使い分けていただきたいと思い考案しました。
ランプを隠しているSIC20200とSIC20205は、店舗内でお客様が気が付かないように捕虫器を設置するための器具です。
sic20200-1 SIC20200

sic20205 SIC20205

ランプ丸見えのSIC20100とSIC20105は、厨房やバックヤードなどに設置いただくための器具となります。
sic20100 SIC20100
sic20105 SIC20105

電撃殺虫器の清掃について

To修理品

電撃殺虫器の内部に高圧が印加された格子状の部分があり、ここで害虫が感電するのですが、埃やゴミ等があって、なおかつ湿度が高い場合、条件によっては発煙・発火の可能性があります。

三興電機の電撃殺虫器には、セルフクリーニング機能がありませんので、お客様に清掃していただかなければなりません。この写真のようになると掃除をする気にもなりませんので、こうなる前にお願いします。

捕虫ランプの交換時期

捕虫用ランプ
家庭や事務所などで使われる、蛍光灯器具のランプ交換は、暗く感じたり、管端が黒くなったり、
点灯しにくくなったり、実際に切れてから・・・ですよね。

捕虫用ランプもおなじようなタイミングで交換していると、非常に不経済となりますので、ここでご説明します。

捕虫用ランプは、一般の蛍光ランプ(白色)に比べて近紫外線のパワーが約100倍ありますが、その近紫外線量が初期値に比べて70%になる時間が、10Wタイプでは3500時間、20Wタイプでは5000時間となります。

近紫外線量が減ってもランプ自体の寿命(点灯させるための)はそれ以上あるのが普通ですし、近紫外線量が初期値から30%に低下したとしても、人の目には判別しにくいため、ランプを交換するきっかけが無いのが実情だと思います。

以前、1年間点灯した捕虫用ランプと新しい捕虫用ランプで、捕虫比較実験をしたことがあります。
1年間点灯すると8760時間になり、近紫外線量は初期値に比べて56%の値でしたが、捕虫量は新しいランプに比べて49%という結果でした。

走行性がある虫を、おびき寄せるための捕虫用ランプを、そのパフォーマンスができなくなるまで使い続けることは、電気料金の無駄となりますので、ランプの寿命を見計らっての交換をお勧めします。

一例として、4月から10月までの間、夕方から朝方までタイマーで10時間点灯しているとします。
7ヶ月×30日×10時間=2100時間・・・となります。10Wなら2年、20Wなら3年毎に交換するのが経済的だと思います。






インセクト・キャッチ(捕虫器)

SIC20200
これは、弊社の捕虫器です。

電撃殺虫器との大きな違いは、設置に制限が無いことです。
電撃殺虫器は、高電圧を使用しているため、設置高さや取り付けてはいけない場所等の決まりごとがあるのですが、捕虫器にはありません。

その捕虫器を使用した、コバエ対策をご提案します。
コバエ駆除の方法は、匂いのトラップ利用が一般的ですが、意外にも?捕虫器でも結構捕れるのです。

それが、捕虫用ランプからの近紫外線によるものなのかランプ表面の温度によるものなのか・・・よく判りませんが、ランプの周りを飛ぶうちに、いつの間にか捕虫テープに張り付いています。

コバエは、小さいため低空飛行なので、これにあわせて捕虫器の取り付け高さを床から20cm~50cmにすると、効率よく捕虫できるハズで、電撃殺虫器にはできないことです。



プロフィール

いんせくとや

Author:いんせくとや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
飛ばすな80くん格言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。